2014年04月04日

春は名のみの

こんにちわ、お久しぶりです。
ほぼ1年にわたって放置されていたブログですが、
最後の更新にまいりました。

本日4月4日朝9時頃、私の最愛のレイたんが息をひきとりました。

存命中にレイたんを可愛がって下さった皆様、本当にありがとうございました。
Twitterをご存知の方は経過を知っていらっしゃると思いますが、
去年卵巣摘出手術を受けた後、肝機能の低下が見られ、
約1年にわたり通院と投薬を続けてきましたが肝機能は元に戻らず、
原因不明のまま対症療法を行うも悪化の一途をたどり、
結果他の内蔵にも相当な負担がかかっていたようで、
今朝発作のような痙攣をおこしてあっという間に旅立って行きました。

昨日までは飛んで私の肩にとまったり燕麦を食べたり、普通に暮らしていたレイたん。
思えば深夜未明頃、寝る前にレイたんが少し変わった鳴き声を一声あげていた時に、
確認すればよかったのです。
朝レイたんを起こしたときすでに、一目で憔悴しきっているとわかる状態になっていました。
顔中吐いたもので汚れ、ぱっちりした目は半分しか開いておらず、
つかんだ身体は寝る前よりずっと軽くしぼんでいました。
未明から私がモソモソと起きてくる数時間の間、
暗闇と苦しみのなかでひとり居たと思うと胸が詰まってしょうがありません。
あのとき気がついてせめて保温をしてあげたかったです。

それでもレイたんは私が起きるまで待っていてくれたのでしょう。
少しお水を飲ませ別の部屋で用をすませてケージを覗くと、
レイたんがのけぞるように痙攣をおこしてました。
咄嗟に手のひらでつつんでレイたんを呼びましたが、
そのまま手をすり抜けて飛んでいってしまいました。
私の声が届いたかどうかも定かではありませんが、
届いていたらいいなと切に願います。

いま、後悔ばかりが胸の中にあります。
もっと愛してあげればよかった。
毎日写真を撮って、
あの子の呼び声ひとつひとつに答えてあげて、
もっと話かけて、
もっと瞳を見つめてあげればよかったとそればかり考えてます。
そしてそうしてさえあの子から貰った愛情にはとうてい足りないと痛感してます。

レイたんは私にとって理想のインコそのものでした。
ほかのどんなに美しいインコや可愛い雛を見ても、
欲しいと思った事がないほどレイたんが最高でした。
世界で一番可愛くて美しかったレイたん、
だけどちょっとお別れが早すぎた。
もっとマイペースにのんびり私と一緒に過ごして欲しかった。
それだけが、そこだけがレイたんが私にした最初で最後のヒドい事だったと思います。

涙でくしゃくしゃの私に、
母が「生きものを飼っていたらこうなるのわかってたでしょ?
何度もそういうことあったじゃない」とあきれたように言いました。
そのとおりだけど、だからこそ私は知っている。
この悲しみはそのうち身体の中にしみ込んで、涙もとまってかわいていく。
そうなったとき、私の心の表面に浮かび上がってくるものは
レイたんに愛されていたという喜びだということを。

だからいつかまた、レイたんみたいに可愛い子をお迎え出来たらいいなと思っています。
時間がかかるとは思いますが。
だってレイたんは私の理想のインコだったから。

最後に、1年間にわたりレイたんの治療をしてくださった院長先生と、
それを見守ってくださった皆様にお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

saigorei.jpg


※コメント欄は閉じております。
posted by gara at 23:40| つれづれ

2013年04月29日

ふっくら

【輝いてます】
piyopoyo.jpg


レイたん体重も46.5gを超えてきましたよ!
どうですこの元気そうなお顔…(*´∀`*)
ふっくらぷりぷりツヤツヤです。
まだ投薬してて水浴びもしてないのに内側から元気があふれてるみたい。
今度の再検診でOKでるんじゃないかなぁ。

ほんとう愛おしいですわ…
posted by gara at 23:00| Comment(6) | TrackBack(0) | つれづれ

2013年04月20日

フォーエバーグッバイじゃないからね

【「すごく元気になったよ〜」】
genki.jpg


先日18日に診察行ってきました。
経過良好にてケージに戻しても大丈夫いただきました〜〜!ヾ(*´∀`*)ノ
体重は変わらず44gキープなんですが、
病院に行く2日前くらいからぐんぐん元気になってきまして、
水槽から「出して出して」アピールのすごい事といったら。
これ以上水槽暮らしはイヤだなぁと私とレイたん自身も思ってたので、
ケージに戻る事が出来て本当に嬉しいです。

【「やっぱり落ち着くね」】
RTC.jpg

また2週間後に診察がありますし投薬も続きますが、
明らかに健康診断を受ける前とは違った元気さを取り戻してるのがわかります。
レイたんすごーく飛ぶようになったのですよ。
お玉がお腹にあった頃は全然飛んでませんでした。
そりゃ本来の体重より5g近くも重かったら飛ぶのもひと苦労ですよねぇ。
むしろ飛んで着地に失敗して卵が割れてたらと思うとゾッとします。


kariage.jpg

手術跡もほとんど分からないくらいキレイになってきて、
刈られたところもつくつくが生えてきました。
レイたんよかったねぇ。
体重44gはちょっぴり少ないですが退院して来た日にくらべると身体に張りがあります。
つかんでもスカッとした感じがなくなって羽根もツヤツヤしてきました。
ああ、今更ながらに入院前は調子悪かったんだな〜と思いました。

さて。
今回の手術と9日間の入院で私は8人の諭吉とさようならしてきました。

保険も入ってなかったのでまるっと8人居なくなりましたよ。
でもフォーエバーグッバイじゃないからね。
また会えるって信じてる!
(訳:また稼ぐよっ、がんばるよ!)

今から保険に入るか10万円貯まる貯金箱を買うかどっちかで悩んでます。
posted by gara at 01:23| Comment(8) | TrackBack(0) | つれづれ

2013年04月11日

一応退院!

【「帰ってきたよ」】
SN3F0738.jpg


本日レイたん無事退院となりましたが…
それほど体調が良いわけではなく、まだまだ全快とはほど遠い感じです。
普通よりも回復が遅くてなかなか体重が増えないのと、
飲水量が多くてやっぱり気になると…
先生と相談してとりあえず一時帰宅のような退院になりました。

朝の体重が44gから増えないんですよね。
握ってみてもスカッと軽くて竜骨出てて消耗したなぁ〜( ;∀;)。
40gを下限としてそこまで減ったら再入院ということで、
毎日の体重管理・保温・お薬水・飲水量のチェックをしていきます。
1週間後の再診までにレイたんを肥えさせるのが私の役目〜!

SN3F0739.jpg

おちりのあたり縫った痕がまだ痛々しいレイたんです。
最初プラケから水槽に移すため掴んだときに指をガブガブされましたが、
すぐにいつものレイたんに戻りました。
毎日注射されたりで手が嫌いになっちゃったかな。
でもすぐに噛まなくなって本当にレイたんはいい子だな〜。
お顔とか尾とかお腹にふんちついてるけど、
もう少し回復したらキレイに拭いてあげるからね。

いっぱい食べて頑張れレイたーん。

水槽から出せ出せコールをガマンするのが辛いかもっ(;^ω^)
posted by gara at 23:40| Comment(7) | TrackBack(0) | つれづれ

2013年04月08日

さびしい…

レイたんがいない空っぽのケージがとてもさびしいです〜( ;∀;)。
早く帰ってきて欲しいわ。

手術後、普通麻酔からしゃっきり目覚めるところがうつらうつらしつつ
呼吸も早かったため一晩酸素を入れて様子見されてたレイたんですが、
次の日からは酸素も取れて自分でごはんを食べる事も動き回る事も出来るようになりました。

ただ体重が安定しないことと水をたくさん飲むのが心配されてます。
入院2日目47.5g、3日目46.5g、4日目45gと徐々に減って、
5日目朝は44gまで落ちたけど夕方までに48gまで増えたそう。
うーんちゃんと食べてる時とそうじゃない時があるという事ですね。
水をいっぱい飲む原因は様々あるのでなんとも言えないけれど、
レイたんが単にお水飲むの好きなだけと思いたいなぁ。
お水いっぱい飲んで多尿便(下痢ではない)とか普通にある事だったしね〜。

月曜は病院お休みなのでお電話で様子を聞けないのがまたさびしい…
火曜日で入院1週間目になるけれど、退院出来るかなぁ。
posted by gara at 02:17| Comment(3) | TrackBack(0) | つれづれ