2010年12月04日

秋冬の健康診断

あっっつい夏を乗り切って、
夏→秋→冬の季節の変わり目も乗り越えたレイたんの健康診断に行ってきました〜。

【帰ってきたところ】
tukare.jpg

結果:う○ち・そのうともにぴっかぴか!でした。

やーよかったよかった…。


いや、よくない。


今回うちから2番目くらいに近場にある鳥専門病院で診てもらったんですが、
すごいビシバシと生活指導が入るところなんですよー!(;^_^A
事前にそういう先生だと知っていたので面食らわないで冷静に聞いてましたが、
予備知識なかったらオドオドしちゃってただろうな。
いつも食べさせてるものを持って来るよう指示されてたので持参。
それを目の前に食生活についていろいろなダメだしをいただいて帰ってきました。
ひゃー。

その1:ペレットを複数種類混ぜて食べさせていたのが×。ブー!
その2:野菜とフルーツの食べられるものの種類を出来るだけたくさんにすること。
    とくにフルーツ。レイたんはリンゴと梨しか食べてくれない×。ブー!
その3:ペレットメインならシード類はその15%にすること。(レイたんくらいの身体だとひとつまみ程度…)放鳥中のおやつに控えるように。これも出来るだけたくさんの種類のシードを食べさせるように!

…色々な種類。
これがいちばんの問題ですねーーー!(汗)。
レイたんはパプリカ、ニンジン、ミカン、ブドウなど緑と白以外の野菜とフルーツは×。ブブー!
麻の実もかぼちゃの種もソバの実も興味なし。
しかも大きめの粒のキビは食べない。ブブブブー!

のーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!( ̄Д ̄;)

キビシイですね…でもがんばりたい…
しかしどうすれば食べてくれるかわからないので、
「うちはこうしたら食べるようになったよ!」みたいなお話絶賛募集中!
よろしかったらお聞かせ下さい…コメントでもメールでも。

ちなみにペレットを複数種類混ぜるのがなぜダメなのか。
ペレットを構成する材料はだいたい4種類くらいの穀物。
それ以外の材料のほとんどは足りない栄養を補うためのサプリメントだそうですよっ。
( Д )゜゜エーッ!
なのでA社とB社のペレットを混ぜて与えていた場合、
両社ともビタミンAを強化していたとしたら、ビタミンAの過剰摂取をしてしまう。
だからペレットは1種類のみ与えるべきだったんですね。
そしてペレットは開封したときから劣化がはじまり、
ビタミンAなどはどんどん無くなっていくものなので、
それを副食で補うため野菜が必要になってくると。(→ベータカロチンがAになる。)

納 得 。

ではフルーツのなにがいいかというと、
クエン酸などの酸がいいそうです。
そのうでカビや菌が繁殖するのを酸が防いでくれるんですって。
果糖で体重アップにも利用出来るし、
血糖値あげたいとき、
ブドウ糖だとカンジタ菌がわいたりするけど、
フルーツは酸が防いでくれると(・ロ・)ホホォー。

他にもいろいろな指導をびしばし!と受けてきましたが、
先生のお話は納得出来る理由があるので恐くはなかったです。
レイたんへの接し方はとても鳥愛にあふれてましたよ〜w。
鳥には優しく、飼い主にはキビシイ先生のようです。

帰り際に
「セキセイとかと違ってサザナミはぼーっとしてるから、ぶくぶく太らないよう気をつけて」
と念押しされました。
そのとおりですねっ(^o^)。

かなり緩んでいたねじを締めなおして貰った気分です。
まずはレイたんの食生活…ニンジンからいってみようか。

kakikaki.jpg
posted by gara at 17:01| Comment(10) | TrackBack(0) | つれづれ
この記事へのコメント
選べるほどに病院があるなんて、関東の方はうらやましいです〜。

以前飼っていたナナクサインコには、
ひまわりやサフラワーなどを、少し噛んでヒビを入れたり、半分に割ったりして与えると、食べれるものなんだ、と認識してくれるようになりました。

あと、らもちゃんは、私が食べて見せると食べてくれた野菜が結構あります。
「あー、おいしー!」とかわざとらしく言いながら、食べるふりでOKでしたよ。←バカ(笑)

そのうもUNPもぴっかぴか!で、よかったですね!
Posted by Ramona at 2010年12月05日 00:06
こんばんわ!garaさんっ!(≧Д≦)ゞ

もももももしや……その病院…………都立家政?(;´Д`A ```
わたしは小心者なので絶対行けないナンバーワンの先生なような……
(時間が!鳥をおこしている時間が問題だとわかっているので!)

レイたん!怖くなかったかい?え?鳥には凄くやさしいの?そうなんだ………怖かったのはgaraおかあさんだけか!(*^_^*)

え?怖くなかったって?garaさん?

ショウシンモノはわたしのみだね〜www笑
つか。都立家政でなかったら、あほですなー!(・∀・;)
Posted by カミヤ at 2010年12月05日 00:26
レイたん、健康診断お疲れ様です!
(お写真が本当に「はぁ〜」っていう感じでかわゆい><)
そして、ピカピカ☆おめでとうございます☆

勉強になりました〜。
そらちゃんもまだリンゴととうもろこししか食べてくれないので
(他にチャレンジした野菜は噛んで遊んでペッ!って・・・)
私もがんばらねば!!って思いました。

今までうささんの専門病院に行っていたので他の動物さんに全く出会わず・・・本当に何もわかりません(@@)
勉強、べんきょう、です。
でも鳥類って特別ですよね!
だって・・・祖先が恐竜ですから(ってディスカバリーchでやってました・笑)。
かっこいい〜。
Posted by kabako at 2010年12月05日 09:28
お疲れさまでした

ペレットを複数混ぜると栄養がかたよるから
だめって聞いたことがあったんですが
なぜ栄養がかたよるかよくわからなかったの
そういうことだったんですねー。納得

ちなみにうちの獣医さんはペレット混ぜいいといいそうA^^;
最初の健康診断の時
「サザ飼いの人はペレットを複数混ぜて与えてますよ」
って言ってましたから(爆)

いろんな種類をまんべんなくはホント難しいですね
だって野菜も果物もすぐ劣化しちゃうじゃん。
私料理しないしもったいないわよ

Posted by まぁこ at 2010年12月05日 13:28
レイたん、ピカピカで良かったですね(^^)

私はまず、先生の言葉をちゃんと覚えているgaraさんを尊敬!
いや、私もピピン達のために小鳥の先生のお話はがっつり聞きますが、
こんなに沢山の内容だと覚えきれない(^_^;)
私、よく先生にメモしてもらってます(^_^;)

ペレットはうちは2社混合ですね〜
ピピンがズプリーム好きなので7:3、
竜胆はppメンテナンスを好きなので9:1
といった感じで与えてましたよ・・・
メイン以外の変化的に。
う〜ん(汗汗)。
うちの主治医(笑)にはダメとは言われてませんが、考えるべきですね。

ぶくぶく(笑)
うちは一番動くセルジが、一番太るの・・・。
Posted by さゆり at 2010年12月05日 15:24
<Ramonaさま

鳥専門の病院となると数が限られますもんね…選べるのはありがたい環境だと思いますわ。

らもちゃんはRamonaさんを信じているんですね…いいなぁ。
レイたんもベタ慣れの部類に入るとおもうんですが、
なぜか食べ物に関しては私を信じてくれないんですよーーーー(>_<)。
あーおいし!とミカンとか柿を目の前で食べても、
すごい不審そうな顔で私を見てるんです。
で、ちみっとちぎって差し出すと逃げていくのですよ。

なぜ。

とりあえず今日はすり下ろしニンジンを水に混ぜてみました。
…ひと口飲んでブルブルしてしまいましたね…。
でも慣れればこれは行ける気がします。
すり下ろしリンゴを混ぜてみようかしら。


<カミヤさま

そうでーす、都立家政でーす(笑)。
でもカミヤさん、そこまで恐がらなくても大丈夫だったですよ。
起床時間に関してはまったくツッコミされませんでしたし。
だって鳥に合わせた起床時間て日の出の時間ですよーーー(汗)。
そこは現代人にはムリだと先生も思ってるんですって。

主に食べ物とストレスに関する指導が中心でしたね。
確かにあの先生の話を怒られていると受け止めて「自分はダメだ」と
思ってしまうばかりだと辛いかもしれません。
でも専門家の講義だと思って聞いてるととてもためになります。
飼い主にキビシイのは鳥を愛する気持ちからには違いありませんしね。


<kabakoさま

kabakoさん素晴らしい。
この先生のスタンスは人と鳥はまったく違う生きもの、
犬猫などほ乳類と同じに扱ってはいけません。
人の常識が鳥にとっては非常識。
そんな鳥と一緒に生きていくんだから、
出来るだけのことをしましょうよ、というものでした。
私も慣れ過ぎず常に勉強しないといけませんね〜。

そらちゃんトウモロコシ食べるんですね…ウラヤマシイ。
学びの期間である生後1年までが色々なものを食べられるようにするチャンスだそうですよ!
あとはどんどん難しくなっていきますって。
たくさん食べなくても種類をいっぱい、
ひと口でも食べればいいそうです。
おたがいがんばりましょうね。


<まぁこさま

私も数種類混ぜてはいけないと聞いた覚えがあったんですが、
理由が分からないとつい軽く受け流してしまうものですね…反省。
ばっかし喰いは良くないから…とつい。
ペレットメインの場合数種類食べられるようにしなきゃ!と
好物のペレットとは違うペレットを混ぜ始めたのがきっかけですが。

本当に色々なものを食べてもらうのって難しー!
でも言われてみれば、
食べられる種類が多い方が日々の楽しみも多いのは確かですよね…
1種類でも増えるようやってみたいとは思いますわ。


<さゆりさま

セルジさん、
「運動したあとはめしがうまいーーー!」てことでしょうねw。

この先生はポイントをまとめたテキストをA4用紙に2枚くださいました。
そこに書いてないことを忘れないようまとめた感じです。
なぜ良くてダメなのか、
理由をしっかり教えてくれるので覚えられるんですよ。
ただこうすればいい、悪いと言われただけなら忘れちゃうと思います。

うちはラウディブッシュが好きなのでラウディメインで、
2〜3ヶ月のローテーションでPPメンテナンスとラフィーバーを半々で混ぜてました。
その先生いわく手に入れやすくて、
食べ過ぎないよう好物でない2番手くらいのペレットをメインにするといいとのこと。
…厳しいな…好物をとり上げるのは…と頭を抱えます。
とりあえず適正体重教えて貰ったので体重管理しっかりして、
買い置きのあるラウディブッシュとPPメンテナンスを混ぜないで、
1〜2ヶ月のローテーションで上げてみようと思ってますよ。
Posted by gara@管理人 at 2010年12月05日 20:47
読んでて・・・
進路指導される塾の三者面談思い出しました・・・
あああ・・・・もう終わったことなのに・・・いまだに
針のむしろのようだった三者面談・・・特に息子の時・・
思い出すとむかむかーーーーときます。
・・が、garaさんとレイちゃんは模範的生徒さんだからだいじょうぶですね♪
うちはペレットは1点主義です!!それは・・経済的な理由以外の何ものでもありませんが・・・(笑)
Posted by ジェミー at 2010年12月05日 21:57
<ジェミーさま

そん…なにムカツクものなんですか… <三者面談
自分の子らを育ててきた時間を否定されるような気持ち…でしょうか。ドキドキ

この先生は「闘ってる」人だなぁと。
鳥を飼ってる人の間違った常識とか通念とかと闘ってる人。
それで自分にも他人にも厳しい人なんだと思います。
…なんて分析しちゃってる私はそれほど模範的な生徒とも思えなかったり…。

うちが1羽飼いなのは気を使ってやれる限界が1羽だからでーす!!
あとケージが増やせないとか、レイたんベタ慣れだからとか、
増やしても仲良しになるかわかんないとか、
もちろん経済的にも…ようするに私のキャパシティの問題だったり(;^_^A
Posted by gara@管理人 at 2010年12月05日 23:02
コメントが乗り遅れてしまいましたが、とっても勉強になりました!
うちはペレット3種類も混ぜてました(汗)。
その方が、選ぶ楽しみがあっていいかななんて勝手に思って・・・。
でも、明日からやめなければ!

野菜・・・ヒナ食の時に、ヒナ用フードに野菜をすり潰して混ぜて離乳食みたいにして、少しあげていました。
そのせいか、特に好き嫌いはなく食べてくれていました。
が、それも1歳前くらいまで。
1歳になったころから自我が出てきたのか、葉ものは前は食べてたのに、今は食べてくれません。
1歳からは難しくなるですね〜。
どんどん難しくなるだろうし、うちもトライしていこうと思います。
Posted by ほたて at 2010年12月06日 19:34
<ほたてさま

私もとりあえず1番最初に出来ることとしてペレット混ぜるのやめましたわ〜。
好物じゃないペレットだけになった時の反応が恐いなーw。

ヒナっ子のころに食べてたならまた食べてくれるんでは?
あとニンジンとかカボチャはベータカロテン豊富だから食べられるといいかも!。
葉物野菜無いときにぜひ食べてもらいたいんだけどな〜〜〜〜 <レイたん

ところでこの間ほたてさんのブログにコメントしてみたんですが、
は、反映されてないみたいです…
投稿しても内容の認証が必要なのかな?と思って様子見してたんですが。
ちゃんと送信出来てなかったですかね〜(;^_^A
Posted by gara@管理人 at 2010年12月06日 21:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41964833
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック