2013年03月31日

たまごんガールその後

このお腹のなかにお玉が入っている…。
tamagongirl.jpg


発情促進のため食べたいだけ食べさせ、
ケージの温度も25度に保ち、
袖口インコとして夜更かしもさせましたが上手く行かなかったようで…
お腹を押しても押しても卵は降りて来ず、
レイたんは手術をすることになりました。

アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ

----

診 断 名  :卵塞
予定される術式:卵管摘出手術


お腹を開いてみないと分からない事もあるそうですが、
レイたんがきちんと産めなかった理由が見つかるかも知れません。
今後同じ事が起こる可能性もあるし、
卵管ごと摘出は理にかなってるな〜という感じです。
繁殖の予定もないしね。
ただし卵巣は残ってるので発情はします。
引き続き発情を抑える環境づくりはしていかなくてはなりません。

昨日さくっと文字だけでお伝えしたレイたんの状況を今日は詳しく。
図解入りで。

【今のレイたんの状況】
ransoku.jpg

こんな感じです。
排卵してお腹に卵があるのに発情が終わりかけている、
そんな状態です。
何せ終わりかけてますからレイたんの身体は卵を産むための準備が出来てません。
肛門が広がらないのでいくら押し出そうとしても卵は出て来れないのです。

卵を出すためには「再度発情促進させて卵を押し出す」か「手術して取り出す」かのどちらかになります。
ちなみに

・このまま発情ストップ
・再度発情促進
・手術

いずれの場合にもリスクがあります。
発情ストップと発情促進のリスクは以下の通り。

death.jpg

手術のリスクはレイたんの砂肝が邪魔をしててお玉を取り出すための術野が狭いこと。
他にも手術は麻酔とか手術中のハプニングとか、
開いてみたら思っていた状況より悪かったとか、
色々ありますよね。

まあ…先生が手術しましょうとおっしゃったわけで、
そこは信用してますぅーーー!

でもドキドキです〜〜〜(;^ω^)。

ツイッタの方では同じ病院に通院してる方や
先生ご存知の方から「名医だから大丈夫!」と励ましを頂いたので、
この言葉を唱えながら手術成功を祈りたい〜。


ちなみに先生が第3候補としてあげてた
アメリカの教科書にも載ってる手術とはこういう感じです。

kyuin.jpg

今回の手術はコレではありません。
普通に開腹手術です。
コレだと結局お腹の中がどうなってるか分からないので
開腹する事になって2度手間だからだそうですよ… じゃあなんで候補にあげたw


【「今日あたち知らない人にお腹いっぱい押されたの…」】
tirari.jpg


そうだね。
グイグイ押されてたね。
レイたん目がうつろだったもんね。
今夜は良く休んで、
手術までに美味しいものいっぱい食べて体力つけて手術がんばろうね!
posted by gara at 21:53| Comment(3) | TrackBack(0) | つれづれ