2013年03月31日

たまごんガールその後

このお腹のなかにお玉が入っている…。
tamagongirl.jpg


発情促進のため食べたいだけ食べさせ、
ケージの温度も25度に保ち、
袖口インコとして夜更かしもさせましたが上手く行かなかったようで…
お腹を押しても押しても卵は降りて来ず、
レイたんは手術をすることになりました。

アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ

----

診 断 名  :卵塞
予定される術式:卵管摘出手術


お腹を開いてみないと分からない事もあるそうですが、
レイたんがきちんと産めなかった理由が見つかるかも知れません。
今後同じ事が起こる可能性もあるし、
卵管ごと摘出は理にかなってるな〜という感じです。
繁殖の予定もないしね。
ただし卵巣は残ってるので発情はします。
引き続き発情を抑える環境づくりはしていかなくてはなりません。

昨日さくっと文字だけでお伝えしたレイたんの状況を今日は詳しく。
図解入りで。

【今のレイたんの状況】
ransoku.jpg

こんな感じです。
排卵してお腹に卵があるのに発情が終わりかけている、
そんな状態です。
何せ終わりかけてますからレイたんの身体は卵を産むための準備が出来てません。
肛門が広がらないのでいくら押し出そうとしても卵は出て来れないのです。

卵を出すためには「再度発情促進させて卵を押し出す」か「手術して取り出す」かのどちらかになります。
ちなみに

・このまま発情ストップ
・再度発情促進
・手術

いずれの場合にもリスクがあります。
発情ストップと発情促進のリスクは以下の通り。

death.jpg

手術のリスクはレイたんの砂肝が邪魔をしててお玉を取り出すための術野が狭いこと。
他にも手術は麻酔とか手術中のハプニングとか、
開いてみたら思っていた状況より悪かったとか、
色々ありますよね。

まあ…先生が手術しましょうとおっしゃったわけで、
そこは信用してますぅーーー!

でもドキドキです〜〜〜(;^ω^)。

ツイッタの方では同じ病院に通院してる方や
先生ご存知の方から「名医だから大丈夫!」と励ましを頂いたので、
この言葉を唱えながら手術成功を祈りたい〜。


ちなみに先生が第3候補としてあげてた
アメリカの教科書にも載ってる手術とはこういう感じです。

kyuin.jpg

今回の手術はコレではありません。
普通に開腹手術です。
コレだと結局お腹の中がどうなってるか分からないので
開腹する事になって2度手間だからだそうですよ… じゃあなんで候補にあげたw


【「今日あたち知らない人にお腹いっぱい押されたの…」】
tirari.jpg


そうだね。
グイグイ押されてたね。
レイたん目がうつろだったもんね。
今夜は良く休んで、
手術までに美味しいものいっぱい食べて体力つけて手術がんばろうね!
posted by gara at 21:53| Comment(3) | TrackBack(0) | つれづれ

2013年03月30日

たまごんガール

先日レイたんの健康診断にGO徳時に行って参りました。
オールOKはなまる健康!ならばここの更新も途絶えたままだったでしょう…

しかーし!
レイたんたらお腹にお玉を隠し持ってることが判明しました。
イヤーン!!Σ(゚∀゚ノ)ノ

…思えば何となく違和感はありました。
冬から春にかけて体重の増減が激しく、
最近は目の色変わるくらいご飯を食べたがり、
たくさん食べて体重が重いわりに握ると竜骨が尖ってる感じがする…
むっちりしていない。(むしろ痩せ気味??)
そしてサザナミ特有の溜めフンが控えめ、
UNPの回数が多く分けてするようになった。

こういう事は気がついた時点でメモしておくのがいいと思いました。
その時感じていても後々健康診断に行ったとき
「気になるところはありませんか」など質問されても
とっさに出てこないからです。

それでも今回健康診断をお願いするにあたり、
何となく院長先生を指名したのは私なりに何かの予感があったのかも
しれませんが…(;^ω^)

----

さて、そのお玉なんですが。
レイたんの発情が終わりかけなのでお玉を出せる身体ではなく。
物理的にお玉を総排泄孔から押し出してしまう治療が出来ません。

次の手段は手術です。
GO徳寺の方針は他に出来る事があるなら手術は避けるそうなんですが、
何せお玉を出す身体の準備が整ってないのでこのままだと手術になりそうなんですが…
レイたんのお腹の状況から開腹→お玉除去に邪魔な臓器(砂肝)があるため少々難しめに。
普通成功率95%くらいだがそれより下がってしまうと…。

ノォオオオオオーーーーー!!

gara大好物の砂肝がこんな時にネックになってしまうとは?!
いやむしろ今まで食べてきた砂肝の呪いかもしれない。
今後砂肝を食べるのは控えよう、
控えるからどこかにどいてほしいレイたんの砂肝。

では再度発情を待つといっても、
すでにお腹の中はお玉で色々な臓器が圧迫されている状態なうえ、
さらなる発情で卵墜がおこれば腹膜炎をおこしてしまうのDEATH!

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

----
卵墜症に関しての詳しい説明はこちらに…
ゆとりろさんの所のぴの様のタマゴン奮闘記でございます…。

図解がGO徳寺の先生よりお上手でいらっさる。
(ちゃんと描いてくれたんですよ!)
----

またしてもノォオオオオーーーーー!!でございます。
どっちかを選べと?!
どっちを選べというのぉおおお?!!

と心の中で叫んでいた時院長先生がおっしゃいました。

先生「これはアメリカでは教科書にも載ってるくらいポピュラーな方法
   なんだけど」

私 「はい?!」(ずいっと前のめりに)

先生「卵の入ってるお腹の部分に中が空洞の針みたいなのを刺して
   卵の中身を吸い出す手術です」

私 「(ずい分乱暴に聞こえるけど)
   …それはカテーテル治療みたいな感じですか?」

先生「いや、もっと荒っぽい」

私 「(やっぱりぃいいいいい!!!)
   …その場合残った殻は後から取り出すんですか?」

先生「いや、そのまま。
   次の発情で卵が出来れば一緒に出てくるんじゃないかな」


なんてアバウトなのアメリカ!!!


先生が治療方法のリスクをきちんと説明して下さって、
私に選択肢を与えてくださってるのは理解してるんですが、
どれを選ぶのもイヤンな感じですーーーー!

そして身体というのは結構アバウトに出来てるのは分かっているんですが、
私の身体じゃなくてレイたんの身体なので思い切った方法の踏ん切りがつきませんよっ。
結局手術は却下して再度発情を促す様子見と相成りました。
その間に調子を崩す事があったらどうしようと相談しましたが、
結局そんな風に調子を崩すような場合は手術しても同じ結果になるとのこと。

そうですね、つまりレイたんの生命力の問題ですね。

レイたん自身はお玉を隠し持ってるとは思えないくらい普通に元気です。
お腹もぽっこりじゃないし(そこが問題なんだけど)食欲も旺盛。
今まで発情しちゃうからダメと言われていたことを山盛りやって発情を促してます。
そして明日また経過の再診に行ってきます。

なーんかレイたん発情してないっぽいんだけど、大丈夫かなぁ。

文字ばかりの更新になってしまいました。
取り急ぎ報告までに…。
posted by gara at 23:11| Comment(3) | TrackBack(0) | つれづれ